負荷の山ならし・山くずし

 

負荷の山ならしとは、

山積みされた工程別・納期別の負荷を能力と対比させながら、実行可能な日程を作成する過程をいう。

同じ意味で「山くずし」とも使われますが、くずしただけでは未完で、ならさないと完全ではないすね。

工程計画・負荷計画のために行う管理作業です。
 

山積みだけだと簡単ですが、実際には、生産能力(設備や作業者)などがありますので、能力と基準値を上手くならす作業があって工程計画が立案できます。

具体的に
1.能力固定方式
能力を固定させて、日程だけを調整する方式

2.日程固定方式
日程は固定させ、能力を調整する方式

3.折衷方式 
負荷・能力・日程をそれぞれ調整する方式

などのやり方があります。

負荷・能力・日程の過不足調整は、生産管理の重要事項です。


負荷の山積み⇒