生産管理

受注生産と見込生産

 受注のタイミングを背景に、受注生産、見込生産の方針決定があります。
 

受注生産


顧客からの注文をきっかけに生産を行います。
受注⇒調達⇒製造⇒納品といった業務の流れになっています。

受注する品の数は少なく、製品種は多いのが普通です。客先仕様による受注生産(狭義)と生産者仕様(カタログ仕様)による受注生産があります。

生産管理のポイントは
・受注と生産が連動しているため、作業負荷の変動を吸収する必要があります。
・変動があった場合に柔軟に対応できる工程管理、工程能力管理を行う必要があります。
・合理的な計画により、リードタイムを短縮しなければなりません。

 

見込生産

調達⇒製造⇒販売⇒納品といった業務の流れです。

不特定多数の顧客を想定し、市場の需要をあらかじめ予測し、見込で生産が行われます。

食料品、衣料品、日用品、家電、医療品、家具などの耐久消費財などが代表例です。規格品としてメーカー仕様が決定したものです。需要予測に基づいて必要なタイミングに適正な在庫が確保できるよう生産計画が立てられます。

製品の種類は寸法・色・形状・等級・重さ・長さなどによって区別されますが、顧客の要求に応じた製品仕様(客先仕様)の生産をおこなう場合などはどうしても製品の生産量は少量にならざるをえず多品種少量生産となります。また、長期間、同じ製品を大量に市場に供給する場合は少品種多量生産となります。

生産管理のポイント
・精度の高い販売予測
・過剰在庫・品切れを起こさない適正な製品在庫管理
・量産による原価低減