MRP(資材所要量計画)

 

MRP:Material Requirement Planning
 

部品展開法を情報技術により実用化した「資材所要量計画」と呼ばれる購買管理・生産管理の理論である。

製品の生産計画にあわせて、必要な部品やそれを構成する材料の所要量を計算し、製品の生産工程に間に合うように調達日程を作成する計画システムのこと。

このMRPシステムをうまく動かす前提として、
”品構成表(BOM)が正確であること
∈澹某量が正確であること
3得瀋蠑霾鵑鳩弉茲精度の高いこと
があげられる。

 

MRPでは、長納期の部品と短納期の部品とを所要量を計算した結果、適切なタイミングで発注がされる運用ができる。 

連続した時間を小期間に区切られたタイムバケットによる計画管理
 

MRPは、1965年頃、アメリカの宇宙航空関係企業が最初に取り組んだと言われている。さらに当時のコンピュータメーカからMRP技法、部品所要量展開ロジックなどMRPに関する文献が発表されてシステム分野の話題となった。
1970年ごろから生産管理実務家がMRPの研究を始めた。1980年代には広義のMRPへと発展した。