ABC分析

 

ABC分析は、1951年アメリカのH・F・ディッキーがパレートの法則を在庫管理に適用した際に名付けた手法である。
 

全製品を販売金額などのある軸に従って、大きい順に並べ、その累積値をプロットすることで、ある時点における全製品売上傾向、重点管理対象製品の把握などが行う分析手法。
 

パレート分析は、イタリアの経済学者パレートが1897年に「富の分布の不平等に関するパレートの法則」論文から始まる。
一部の大金持ちが国全体の占める富の部分を占有しており、大多数の貧乏人が残りの部分をわけあっている現象について言及した。
 

その後、アメリカのQCコンサルタントのジェラン博士が製造部門の改善活動に適用した。
これがQC七つ道具の一つとして普及したパレート分析である。パレート分析は品質管理の手法として広く普及している。
 

ABC分析の結果、A群が主力製品で、重点的に管理することで大部分の売上金額のものを管理することができる。これに対して群のものは、品目数は多いが売上金額が少ないので管理の手間を省くことが考えられる。B群に関しては中間的性格の管理手法を採用することが考えられる。