新QC7つ道具

 QC7つ道具の基礎的な手法に加えたプラス手法が新QC7つ道具として使われています。品質管理の活動が長年行われ、QC7つ道具が定着して、より高度な手法が必要になってきているという背景もあります。

1.連関図法

複雑な要因の絡み合う問題の因果関係を明らかにして解決策を見出すのに役立つ方法。
連関図を作成することにより複雑な問題が単純化するため、事象全体が明確になります。
 

2.親和図法 KJ法

混沌とした状態の中から、収集した言語データ相互の親和性によって統合し、解決策を明確にする方法。
現状の問題解決や新しい分野の対応に取り組む際に、その問題解決するテーマの重点化や関連する課題を見つけ出すことを目的に作成する。
 

3.系統図法 

目的を果たす最適手段を系統的に追及する方法。
系統図を活用することで、最上位の目的と達成手段の全体像を体系的に把握することが可能となる。 

4.マトリックス図法

多元的思考により問題点を明確にしていく方法。
問題としている複数の事象の中から、分析評価したい事項を選び、「二次元の表」で各事項の関連の有無や関連度合いを明らかにするための手法。
 

5.マトリックスデータ解析法

マトリックス図に配列された多くの数値データを見通し良くする整理方法。
言語データを一定のルールにしたがって数値に変換し、解析するための手法です。(定量データ解析法)
 

6.PDPC法

事態の進展とともにいろいろな結果が想定される問題について、望ましい結果に至るプロセスを定める方法。
PROCESS DECISION PROGRAM CHART 過程決定計画図
計画を遂行するうえで、その計画が途中で遂行できなくなるようなことがないよう、あらゆる問題をあらかじめ想定するための手法。 
 

7.アロー・ダイヤアグラム法

最適の日程計画をたて、効率よく進捗を管理する方法
仕事やプロジェクトに開始から完了までの作業について、その順序やつながりを時系列で表現するために使用される図。
 

■ 管理図

横軸:時間 縦軸:品質や製造条件をとって散布図を作り決められた範囲内(管理限界)にプロットされるかをみます。これを管理図表とよぶ7種類あります。プロットの状態をみて問題がないかを把握することができます。

■ OC曲線(検査特性曲線)

抜き取り検査の時、横軸に不良率、縦軸にロット合格確率をとってあらわすグラフです。 これら分析を行うとき品質を合格にする基準(管理限界線)を設定しますがこれを厳しくすると、正しいものを不合格にしてしまうし(生産者危険)が多くなります。不合格の物を合格としてしまう(消費者危険)が減少します。