QC7つ道具

 品質管理を進める上で、基礎的な7つの手法のことを「道具」「7つ道具」とよんで使われています。最近では、新QC7つ道具としてより進化した手法も使われるようになっています。
 

1.チェックシート
チェックする項目を記入した表です。
記録用紙への簡単なチェックのみで、必要なデータを収集・整理することができるものです。

2.パレート図
多い項目順に棒グラフをならべ累積数を折れ線グラフで表示する。ABC管理で用いられます。
 少ない項目で多くの占めることがわかります。重要な問題は何かがわかり有効なアクションにつながります。

3.グラフ
数値を様々なグラフで表します。 表などの数値情報だけでは内容を読み取るのは難しい場合が多いです。グラフにするとわかりやすく、多くの情報が得られます。

4.ヒストグラム(度数分布図)
データをいくつかの区間に分けて棒グラフを作ります。
データにはバラつきがあります。採集したデータを1つの集団としてとらえます。それらのバラツキを「級」という幅ごとに検討したり、規格から逸脱しているデータの割合を把握したりして原因を分析します。

5.散布図
2種類の項目を縦横にとり分布状況をみます。 対になった2組のデータをもとにX軸の要素とY軸の要素に規則性があるかないかを発見する方法です。

6.特性要因図
原因と結果の関係を魚の骨の形であらわす。フィッシュボーンともよばれます。
定性的な分析ではありますが、グループ全員が参加し、ブレーンストーミングで発言したり、全員の考え方を共有化するのに効果的です。

7.層別
データ全体を要因別に複数のグループ分けを行い分別した図を作ります。

*層別ではなく管理図を入れる場合もある。
7.管理図
工程の管理状態を把握し、適切な対応措置をとることを目的とした手法です。管理状態からはずれた見逃せないバラつきを発見し、対策をとる必要があります。