TOC(制約理論)


TOCはゴールドラット氏の「ザ・ゴール」で広まった考え方です。

「制約」とは従来の基本的考え方である計画理論はMRPであって資源能力は無限という「制約のない」モデルで計画していた仮説に相対する考え方です。 MRPは需要を起点として工程の処理能力を無限と仮定してバックワードの固定リードタイムで資材所要量を展開します。

対し、TOCはネック工程を起点として上流はバックワード下流はフォワードに所要量を決めていきます。

SCMはフィードバック制御なので状況が変化する設備、人間の能力・需要の変動による連続的な計画更新が必要です。 常に状況変化に対応しネック工程が変わることを前提にしています。

 

TOC スループット会計 もっと詳しく


 

 

ザ・ベロシティ ザ・ベロシティ
ディー・ジェイコブ スーザン・バーグランド ジェフ・コックス スーザン・バーグランド /ジェフ・コックス

ザ・キャッシュマシーン ザ・クリスタルボール ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな! チェンジ・ザ・ルール! クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?