製販連携

 

製販連携で顧客のニーズを的確に捕捉。
製造業と小売が直接情報連携を行うSCMシステムを導入し、顧客ニーズを的確に把握した商品をタイムリーにかつ低価格で提供する仕組みをつくった業界もあります。
 

製造と販売の情報連携、需要予測と計画変更がキーとなりますね。
 

製造業は卸売の需要を予測して生産計画をたてます。卸売業は小売の需要を予測して仕入・在庫計画をたてます。
 

小売業は消費者の需要を予測して仕入・販売計画をたてます。 今まで企業ではいかに正確に取引相手の需要を予測するかに注力してきました。需要予測が外れると過剰在庫や欠品による機会損失を招くことになるからです。
 

SCMとは需要予測の精度向上を狙ったシステムといえます。
 

サプライチェーンのなかで製造と卸、卸と小売、小売と消費者といった同士が情報を交換することによって需要予測の精度向上を目指します。
 

その結果として、過剰在庫や欠品を防ぎ、生産・物流コストを削減しスピード感のある業務活動の実現を可能とします。