SCMの背景にあるDCM

 

サプライチェーンは製品やサービス供給の流れです。

SCMはその流れをいかに効率的にしていくか?を目指しています。


そのためには、顧客のニーズを的確に把握することが重要です。

顧客からの製品やサービスに対する要求の流れがデマンドチェーンです。
DCMは顧客ニーズを的確に把握して小売、卸売、製造といったチェーンで情報を的確、迅速に伝え製品やサービスの開発に活かし、顧客視点でのチェーンとして顧客への価値提供を考えることです。カスタマーバリューチェーンとも呼ばれています。

SCMは効率化をめざしますが、DCMは効果化をめざします。