生産管理

生産管理とは?


生産管理とは、
生産活動の計画を立案し、管理統制する総合的な業務のこと。

 生産管理は、経営計画や販売計画に基づき、生産能力や関連する事項を考慮し、生産計画を立案する。

その生産計画は、現実には計画通りはいかない。販売実績の増減によるミスマッチ、販売に影響される過剰在庫・品切れによる機会損失・納期遅れによる顧客満足の低下などさまざまな変動要因を考慮し生産統制しなければならない。

また、生産活動は、製造費用のコントロール(コストダウン)や品質への影響などのあらゆる面で関連してくるので、生産管理も総合的な視野が必要となってくる。

製造メーカにおける経営活動では、販売・開発・生産・財務が特に重要である。

生産管理の機能、販売管理の機能、財務管理の機能、原価管理の機能と区分して検討されることが多いが、総合的な管理で進めなければ企業は生き残れない。

販売・開発・生産・財務の機能は、それぞれ個別のものでなく、相互に関連補完し、経営活動を営む必要があるのである。

 めまぐるしく変化する経営環境の中、ますます複雑化、高度化しつつあり、常に変化に対応した活動を行う必要がある。
 


また生産管理内においてマネジメントサイクルは重要です。

Plan⇒Do⇒Check⇒Action  


 

 


生産管理の基礎知識が面白いほどわかる本 (知りたいことがすぐわかるPLUS) 生産管理の基礎知識が面白いほどわかる本
(知りたいことがすぐわかるPLUS)

田島 悟 木村 博光

中経出版