ガラパゴス化とは?

 

ガラパゴス化という言葉

進化論「ガラパゴス諸島生態系」になぞられ

2008年ごろ、日本の携帯電話市場の表現として使われました。

世界の携帯市場から見て

日本の携帯電話は、いろいろな機能があり、技術的には傑出していますが、世界の常識からはずれた状態であり、日本製品としては世界市場の競争力がない状態のことを言われました。
 

孤立した環境で最適化が行われ、エリア外と比べ取り残され、外から適応性と生存力がある外来種がはいり淘汰されるという進化論でいうガラパゴス諸島の生態系と同じ

これになぞられた警告が「ガラパゴス化」の言葉にあり、日本製品が世界的な競争力を失い、閣内の市場もいずれは世界標準に代わられるという意味がこめられています。

具体的な
日本の家電メーカなどは、競い合って高機能を追及し、コストパフォーマンスは安くなっていますが、実質価格は高くなり、必要のない機能が満載された製品は携帯にとどまらず、テレビや冷蔵庫など新興国市場に受けない製品で、グローバルな競争で韓国など負けてます。