従業員数に対するトイレの便器の数(労働安全衛生規則)




労働安全衛生規則に最低の数が決まっていますが、ただ、この数で足りるのかなと思います。

規定=小便器、男性30人に1個 、大便器60人に1個

→実際は2個は必要では?

規定=女性20人に1個

→実際は2〜3個は必要では?

根拠がないのに、必要数を主張しても仕方がないのですが、あくまでも個人的な感覚で規定より+2個ぐらい多く必要ではないでしょいうか。

ただ、トイレばかりあってもしょうがないこともあります。




これが法的な決まりです↓


*********************************

【労働安全衛生規則第628条(便所)】

  事業者は、次に定めるところにより便所を設けなければ ならない。ただし、坑内等特殊な作業場でこれによることが できないやむを得ない事由がある場合で、適当な数の便所又 は便器を備えたときは、この限りでない。
 
1  男性用と女性用に区別すること。

2  男性用大便所の便房の数は、同時に就業する男性労働者
    60人以内ごとに1個以上とすること

3  男性用小便所の箇所数は、同時に就業する男性労働者
    30人以内ごとに1個以上とすること。

4  女性用便所の便房の数は、同時に就業する女性労働者
    20人以内ごとに1個以上とすること。

5  便池は、汚物が土中に浸透しない構造とすること。

6  流出する清浄な水を十分に供給する手洗い設備を設けること。
 
2  事業者は、前項の便所及び便器を清潔に保ち、汚物を適当に処理しなければならない。


******************************