生産管理

中間仕込み品見込生産

 製品の多様性から、製品見込生産と受注生産の中間に位置する生産方式です。
 

中間部品の見込み生産


製品の多様性に対応しながら、大量生産のコストなどのメリットを享受する生産方式です。
部品中心生産方式「POPS]とも呼ばれます。
※POPS Parts Oriented Production System

共通性、互換性、の高い半製品や部品を需要見込みのもとに生産し、在庫しておく生産です。顧客の注文を受けて、その後の加工を行い、最終製品を仕上げ、顧客のニーズに多様性を合わせることになります。

生産管理のポイント
・在庫管理するべき半製品、部品を的確に設定すること。
・精度の高い需要予測により、過剰在庫や品切れを起こさない在庫管理を行う。
・中間品量産の原価低減のメリットをだすこと。