需要予測


見込生産はもちろん受注生産においても、生産計画を立てる前提として精度の高い需要予測情報が要求されます。 需要は様々な要因によって複雑に変動します。ある意味予測不能ということも言えるかもしれません。

予測が外れると過剰な在庫となります。商品のライフサイクルが早いもの、季節性があるものは、不良在庫となり、いくいくは廃棄が必要になってしまいます。その意味でも需要予測は重要になります。

そのため多くの予測手法が開発されています。

1.過去の需要を将来に、 
(1)過去の平均需要
(2)傾向変動
(3)季節変動
(4)不規則変動



2.上記に加えて外部要因も加えて、
(1)新製品
(2)競合他社
(3)得意先の要求
(4)景気
(5)人口増加率 など。


このような要因は過去パターンからでは わかりません。


予測手法の体系
1.定量的
(1)時系列分析
(2)回帰分析

2.定性的
(1)経営者の主観による予測
経験と勘の方が当たる場合もあるので侮れません。

 

 

経営のための需要の分析と予測 経営のための需要の分析と予測
本多 正久

産能大出版部 2000-10-12
売り上げランキング : 651124