安全管理−ハインリッヒの法則

 

 

1件の重大災害が発生する背景には、29件の微小災害と300件のヒヤリハット無災害があるという法則です。

 

 

アメリカの保険会社の技師「ハインリッヒ」が、過去の事故などを調査して発見した法則です。大きな災害は330回に1回程度発生し、小さな事故災害は29回程度発生するというもの。

 

 

ハインリッヒの法則は安全管理を行う上で重要です。
「ヒアリハット」などの小さなミスや不注意を見逃すことなくその場で確実に処理することで大きな災害を防止できる。

 

 

事故はなくて当たり前、1回あれば後悔しても取り戻しはききません。
ひとつひとつを現場改善していくことが安全につながります。